婚活費用比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

人見知りでも婚活で成功できる4つのコツ

最新情報・レポート

人見知りでも婚活で成功できる4つのコツ

人見知りでも婚活で成功できる4つのコツ

「ずっと交際相手ができずに焦っている」「社会人になって出会いの場が減ってしまった」そんな焦りがあってもなお、新しい人間関係を作るのには気が引ける。

 

話題の婚活パーティーや合コンなど、出会いを探す企画にうまくなじめる自信が全くない。

 

人見知りの方は、そんなふうにプレッシャーを感じてしまいがちです。
新しく人間関係を構築することに苦手意識を持っているので、日常生活の初対面も緊張してしまう。そんな方にとって「婚活」はとてもハードルが高いことでしょう。

 

しかし、人見知りはときに大きな魅力として相手の目に映ることもあります。人見知りの方も、少しポイントを押さえれば、気軽に楽しく過ごすことができるようになるのです。

 

今回は、人見知りの方が婚活で成功するためのポイントをご紹介します。
自分の性格に合った方法で楽しく婚活を進められる、そんなコツを伝授いたします。

 

 

 

 

 

 

自身の人見知り度を知っておく

奥手で人見知りの方にとっては、人間関係そのものが重荷に思えてしまうこともあります。気質には合わない方法を無理に試すと、かえって自分の人見知りが際立って感じられ、疎外感を覚えることも。

 

そうならないために必要なのは、「自分の人見知り度を知っておく」ということです。

 

自分から挨拶できるか?相手の顔を見てお話ができるか?など、人見知りの人でもその度合いはさまざまです。
自分ができること・できないことを知っていると、無理をした結果痛い目を見るという本末転倒な展開を防ぐことができます。

 

  • ・メールでやりとりできるか
  • ・電話で話すのに苦手意識はないか
  • ・自分から挨拶できるか
  • ・顔を見て会話ができるか
  • ・すでに会話している人たちの輪に入れるか

 

上で挙げたものを順にたどっていくと、自分の人見知り度がどれくらいのものなのか、だいたい把握できるでしょう。人間関係に対して自分がどれほどの積極性を持つことができるのかを、自分で見つめなおし、確かめてみましょう。

 

 

 

相手に偽りなく伝えてしまう

相手に偽りなく伝えてしまう

人見知りの人は、人間関係を作ることに苦手意識を持っています。初対面の相手と話すときには、その苦手意識を克服しようとして、「うまく話さなければいけない」と自分を追い込みがちです。

 

しかし、自分へのプレッシャーによってかえってうまく話せなくなり、ますます自分を責めてしまうことも少なくありません。
そんな負のループから脱却するには、「自分をよく見せようとせず、偽りなく伝える」というのが重要なポイントです。

 

「私は人見知りなんです」「自分から話しかけるのが苦手です」とはじめから白状してしまうと、相手が優しい人であれば、多少なりともペースを気遣って会話を進めてくれるでしょう。

 

また、人見知りの人が「うまく話せない自分への失望」を感じているとき、話し相手はその不機嫌さを「自分と過ごしても楽しくないんだ」と勘違いしてしまうことも多いそう。勘違いから場の雰囲気が悪くなるのは、どちらにとっても損でしかありません。
「人見知りだからうまくしゃべれないかも」と最初に伝えておくと、そのような勘違いもおりづらくなります。

 

婚活は、ただの交際が目的なのではなく、あくまで結婚相手を探すのが目的です。今後長く付き合っていく相手を探す場で、うそをついてまで自分をよく見せることには、メリットがありません。
偽りのない自分を相手に知ってもらうことで、本当に気が合う相手に巡り合うことにもつながるでしょう。

 

 

 

無理に話さず「聞き役」に専念してみる

人見知りの人はついつい、「うまく話せないから空気が悪くなる」と思い込みがち。
しかし、あまり話さなくてもよい雰囲気を壊さずにいられる場合もあります。
それは、「いい聞き役になる」ということです。

 

聞き上手は、男女問わず多くの人から好かれやすいといわれます。ある調査では、8割以上の男性が、聞き上手な女性に好感を持っているそう。自分の話ばかりをするよりも、相手の話を楽しそうに聞いてくれる人に安心感を覚える人も多いようです。

 

自分の話をきちんと聞いてくれる人に対して、人はまじめな印象を覚えやすいといいます。また、聞き役に徹すると、会話の中で相手のことを観察しやすくなるというメリットもあります。

 

相手も人見知りの場合は会話が続かないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、そういったケースはむしろ好都合というもの。お互い人見知りであれば親近感がわき、お互いの心地よいペースで会話を進めやすくなります。大勢の中で人見知りの共感者を見つけると、周囲から一歩リードすることができるかもしれません。

 

 

 

自分に合った婚活方法を選ぶ

自分に合った婚活方法を選ぶ

人見知りの人にとっては、相手とのやり取りの上でプレッシャーになるものが少ない環境でこそうまく自分を発揮できます。短時間のアピールが苦手な人、一対一では緊張してしまう人など、苦手なシチュエーションも人によってさまざまです。
そのため、自分に合った婚活方法を選ぶことが大切になります。

 

一対一が苦手な人は、複数人参加型の婚活パーティーなどに、友達と一緒に出席すると安心できるかもしれません。逆に、大人数の中ではどうしゃべっていいのかわからないという方は、一対一で話せる個室形式のパーティーもあります。

 

また、自分から話しかけに行くのが苦手な方は、全員との自己紹介が設定されているパーティーを選びましょう。なかには自己紹介カードを持ってやりとりをする会もあるので、自分の会話力だけでは不安だという方にもおすすめできます。

 

また、あまりにも恋愛色が強い空間が苦手だという方は、趣味などを通した催しに参加しましょう。お散歩ツアーや趣味コンと呼ばれる、同じ作業を通して相互理解を深めるタイプの婚活パーティーは、一人で参加する方も多いという特徴があります。
また、パーティーの時間も長いため、短時間で自分をアピールするのが苦手だという方にもおすすめです。

 

このように、現在はさまざまな性格の人向けの、多様な形式のパーティーがあるので、自分に合ったものを調べて参加するといいでしょう。 奥手な人でも、自分に合ったものを選べば、新しい体験として楽しめることもあるかもしれません。

 

 

 

まとめ

人見知りの方は、新しい人間関係をつくるとなると、つい身構えてしまうもの。とくに婚活など、参加者全員が積極的なように思える場では、気後れしてしまうことも多いでしょう。

 

そんなときに大切なのは、いかに自分の心地いいペースを崩さずにふるまえるかです。緊張やプレッシャーは、自分を不要に追い詰めてしまう原因になるので、普段の自分のペースで、気負わないことが大切です。

 

そのためには、ちょっとした自己分析や、会話のテクニック、自分に合った環境選択などのポイントが重要です。
すこし気を付けるだけで、婚活パーティーでも居心地の良さを感じられるようになるかもしれません。
本ページを参考に、気軽に楽しめる婚活の場を探してみましょう。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


男性の方はこちら

女性の方はこちら

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7672

24時間365日、日本全国受付中!

  • かわばた
  • いしかわ
  • みつはし
  • なかだいら
  • よしざわ
  • いなよし
  • みよし
  • ふじい
  • さとう
  • とい
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • すずき
  • ありかわ
  • なかしま
  • まの
スタッフが待機中!

ご相談窓口

  • 男性の方はこちら
  • 女性の方はこちら

婚活費用比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

  • 男性の方はこちら
  • 女性の方はこちら

無記名封筒で資料をお送りすることも可能です。※18歳未満の方はご利用いただけません。※結構相談所よりお電話をおかけする場合がございます。